Archive for 10月, 2012

衣替え

Posted by: ryrys

10月 25th, 2012 >> 未分類

ようやく我が家もぼちぼち本格的に衣替えを行いました。といってもまだ完璧ではないのですが。遅いですよね~。でも最近まだまだ暖かい日もあるので服装に困りませんか。半袖を着たい日もあれば、ジャンパーや羽織が絶対必要な冷え込みの激しい午前中もありますよね。この温暖差によって例年必ず体調を崩してきたので完全に衣替えするのは危険なんです。実際子供は学校では半袖推奨だし、旦那も寝るときは暑いからと半袖一枚だし、とりあえず布団だけ何種類か用意して対処してきました。気をつけないといけないのは羽毛布団なんです。子供にさらっとかけて寝ていたら気が付くと寝ている子供の額や脇から汗が流れているではありませんか。これが風邪の原因になったら元も子もないですよね。ほんと、この時期の服や布団はゆっくり様子を見ないといけないですよね。といいながら半分はただ面倒くさかったっていうのもあるんですけどね。押入れから収納ケースを取り出して中身を出して洗濯しなおし、入れなおすって結構大変です。収納スペースが少ないのでだしっぱなしが出来ないのがつらいところです。まあ一気に不要な物をリサイクルに出したり捨てたりと整理もできてよいですよね。衣替えはお家が片付くタイミングの一つになりそうです。

キンモクセイのかおり

Posted by: ryrys

10月 10th, 2012 >> 未分類

ここのところあちらこちらでキンモクセイの匂いが漂っているのに遭遇する機会が増えてきた。辺りを見回すとすぐに香りの発生源はみつかる。大概のキンモクセイの木は結構な大きさに育っていることが多いように思う。全体として均整のとれた丸っとした感じで木一面に黄色い小さな花をこれでもかと言わんばかりに咲かせている。世の中には多くの花があるがキンモクセイほど周囲に匂いを振りまく花はなかなかないのではないだろうか。だからキンモクセイの存在はすぐにわかる。時には木自体は見つけることはできなくてもどこかにキンモクセイがあるなと匂いだけで分かるほどだ。この匂いを嗅ぐと何か昔に戻ったかのような気になることもある。音楽などで過去の日々が脳裏に蘇ってくることもよくあるが匂いでもそんな体験をすることがよくあるうように思う。キンモクセイの匂いは記憶に残るほどの強さなので特に頭の隅に焼き付けられているのだろう。いい匂いのするキンモクセイだが人によっては嫌な匂いと思うことも多々あるようだ。強すぎる匂いがそうさせるのかもしれないし、過去に嫌なことがあったときにこの匂いを嗅いだからかもしれない。良くも悪くもこの時期の風物詩というところか。